第2回 孤立の牢獄から

(約10分)

なぜ人は愛するのか。「愛」にも、その元となる人間の根源的欲求があるとフロムは説明します。

前回に引き続き、名著・ロングセラー『愛するということ』(エーリッヒ・フロム)を紹介します。

 

【補足】

  • 医師でないかぎり、「回避性愛着障害」という診断のような言葉よりも「回避型愛着スタイルの傾向」という表現をおすすめします。自分で言葉のラベルを貼らないように。

【文献】

語り手: 心理療法セラピスト 上野貢潤

心の足かせに気づき、生き方を変える心理セラピーはこちら