第4回 愛されてるという経験

(約12分)

前回に引き続き、名著・ロングセラー『愛するということ』(エーリッヒ・フロム)を紹介します。

前回は、愛はどこからくるのか、でしたが、今回は愛はどこからはじまるのか、です。そして、今からでもはじめるヒントに。

 

【補足】

  • 愛された経験には、3つの可能性があるようです。(1)3歳頃までのアタッチメント(抱っこ等によって皮膚から与えられたもの)、15歳頃までの養育環境、(3)セラピー的アプローチによるもの。
  • 愛を感じとる能力は、オキシトシン等の脳内ホルモンにも関係しています。それの分泌量は、赤ちゃん・幼少期の影響を受けます。
  • 愛を感じとる能力が、コップに半分の水を見たときに「半分ない」と思うのではなく、「半分ある」と思うようになるレッスンだとすると、コップに溢れるほどの水が注がれた経験が「半分ある」を導き、枯渇した経験が「半分ない」を導くと喩えることができそうです。
  • 「この土地に薬草が育たないのは、土壌が乾燥しているからです」と女神は言った。ある者は諦める理由を見い出し、ある者は水路を作る理由を見い出した。

【文献】

語り手: 心理療法セラピスト 上野貢潤

心の足かせに気づき、生き方を変える心理セラピーはこちら